2019.06.18

新人監督の現場日記

岩倉の家;造作工事

R天井;半径1800ミリのR天井となるように自社工場で下地材をつくります (1)

R天井;その下地材に木を通していくことで曲面の下地のできあがりです (2)

下屋根の軒天の様子です。角が止め加工のため大工さんの細かな仕事が求められます (3)

サッシの額縁はアンピじゃくりをして、竪枠と下枠には1ミリの段差があり、きれいに取付けられております (4)

天井裏の配管、配線の様子 (5)